乳酸菌サプリ

乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌サプリの選び方では、市販の乳酸菌サプリを中心に、そのサプリが推す効果や悩み別に、コレだ!という商品を紹介しています。口コミやそれぞれのおすすめポイントなども解説しています。是非参考にして下さい。

乳酸菌とは

ヨーグルトなどの乳製品に含まれており、体内に取り入れることによって健康に役立つというイメージがある乳酸菌ですが、

実は、乳酸菌という名前はある一つの菌を指し示すものではありません。

一般的にはあまり知られていませんが、乳酸菌とは発酵することによって糖類から乳酸を作り出し、なおかつ悪臭を放つ腐敗物質を作り出さないという性質を持った菌全般を乳酸菌と呼んでいます。

その菌の種類は実に数千以上もあるといわれており、どの菌がどのような働きをするということは、まだまだ解明されていないものも多いのです。

乳酸菌サプリの効果について

ヨーグルト イメージ現在注目されている乳酸菌とは、便秘や下痢の解消といった整腸作用の高いものを基本として、次のような働きをするものが多くみられます。例えば

こういった作用を得ようとした場合、「乳酸菌いり」というように書かれた食品をとれば何でもよいというわけではありません。数千種類ある菌にはそれぞれ働きが決まっていますから、もし自分が何らかの効果を求めて乳酸菌を摂取するのであれば、それに見合った種類の菌が含まれているものを摂取する必要があるのです。

乳酸菌=便秘 お腹の調子を整える作用について

乳酸菌を含む食品を食べることによって、腸内の善玉菌の活動を助けて便秘を解消することができます。伝統的な乳酸発酵食品に多く含まれるため、昔から便秘を解消するために利用されてきました。乳酸菌は動物性と植物性に大きく分けられますが、どちらにも優れた整腸作用があります。動物性の乳酸菌が多い食品としては、ヨーグルトが有名です。ヨーグルトは、栄養の高い乳製品を長期保存させるために生まれた食品ですが、体にとっても極めて有益な食品です。発酵の力によって、体に吸収されやすい栄養が含まれようになり、お腹の調子を整える効果が極めて高いために、今では幅広い世代の人が食べています。

植物性乳酸菌は、キムチや糠漬けなどの発酵食品に多く含まれています。沢庵漬けやキムチの場合は、便秘を解消させるために必要な食物繊維も豊富で、乳酸菌の相乗効果も重なって整腸作用が抜群に高まります。漬物の場合は、長く発酵させるほどに酸味が強くなります。最近は酸味が強い漬物は敬遠されることが多くなりましたが、乳酸菌を摂取するためには、酸っぱいすぐき漬けや高菜漬けなどを食べることは理にかなっています。酸味が強い場合には、油炒めにすると美味しく食べられます。

乳酸菌が豊富な味噌は、昔は胃や腸の具合が悪いときにも食べることが多かった食材です。酵素も豊富で、腸の働きを助ける栄養の宝庫です。冷蔵庫がなかった時代には、乳酸菌の力を利用して家庭では味噌や沢庵漬けを作って、冬場のビタミン源として保存しました。冬場には収穫できる野菜が限られるため、ビタミン不足で脚気にかかることがよくありました。便秘を予防するためにも、納豆やカツオブシなどの発酵食品を利用することが多かったのです。最近ではヨーグルトを食べる習慣が根付きましたが、古代の昔にも乳製品を発酵させて食べていたことがあります。便秘を解消する効果が高い乳酸発酵食品は、意識的に食べるようにして、腸内環境を整えるための努力を欠かさないようにすることが大切です。

近年最も注目されているのは、やはりアレルギー改善効果のあるものです。

これによってアトピーや花粉症といった多くの人が悩む症状を改善することができるとして、その効果のある乳酸菌を日常的に摂取したいと考える人が増えています。なお乳酸菌とは特別な存在ではなく、私たちの日常的な食生活に密接にかかわっています。たとえば代表的な食品であるヨーグルトや乳酸飲料は乳製品を発酵させたものですが、この他にもキムチやぬか漬け、ピクルスというような発酵植物製品、また鮒ずしや生ハムといったような食品にも、乳酸菌は使われています。

アレルギーと乳酸菌の関係はこちら>>>乳酸菌がアレルギーを抑える

この鮒ずしなどにおける乳酸菌の効果としては、腐敗防止のための働きもあります。もともと人間の体内に存在しているものもあり、乳酸菌とは生き物にとって特別なものではないのです。

乳酸菌とダイエット

乳酸菌ダイエットの仕組みは、食前に乳酸菌の含まれている食品を摂取し、腸内の環境を整えながら、ある程度の満腹感を得ることにより、食事の量を制限することです。これにより、無理なく摂取カロリーを制限することができるために、ダイエットに効果を発揮してくれます。

水素もダイエット効果が期待できます>>>水素サプリメント試して実感ランキング

乳酸菌ダイエットの特徴としては、痩せながら美容に対して有効に働きかけるということです。腸内環境を整えることは、美容に対してとても重要です。人間の体は、食事から得られた栄養素をしっかりと吸収するためには、腸の働きが重要になるのです。なので腸内環境が乱れてしまっている場合には、栄養素の吸収率が低下するだけではなく、辛い便秘になってしまったり、下痢を引き起こしてしまうことになるのです。

乳酸菌が重要なのは、腸内の善玉菌を増やしてくれるからです。腸内環境が乱れているのは、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまうからです。悪玉菌の量が増えてしまうと、腸内に害を与え始めてしまうのです。これにより腸の働きが悪くなると、便秘や下痢などを発生してしまうことになります。

乳酸菌とオリゴ糖の関係

乳酸菌とオリゴ糖は、どちらも腸内環境を整えてくれることで知られています。このどちらも同じ作用があるわけではありません。乳酸菌は腸内環境を直接整えてくれるものですが、オリゴ糖はその乳酸菌のエサとなるものです。

腸内環境を整えるにはこの両方が必要となります。乳酸菌が少ない状態では腸内環境をうまく整えることができませんし、オリゴ糖が少ない状態では、善玉菌の乳酸菌が増えることができず悪玉菌が増えることになり腸内環境が乱れてきます。そのため、腸内環境を整えるには、この両方を摂取することがとても大切になります。

だったら「善玉菌である乳酸菌を多く摂取すれば問題無い」と考える方もいるかもしれませんが、食事やサプリメントによってこの善玉菌を摂取することは難しいことです。食事やサプリメントによって多くの善玉菌を摂取してもほとんどが胃酸によって死んでしまい、腸に生きて届く善玉菌はほとんどないという場合があります。

そのため、腸の中にいる善玉菌を増やすことはとても重要になります。

少しでも食事やサプリメントによって善玉菌を腸に送りながら、その数少ない乳酸菌を腸の中で大切に育てることが大切です。また、逆にオリゴ糖だけ摂取することもお勧めできる方法ではありません。特に腸の弱い人はよく下痢を起こすという方はいるのではないでしょうか。この下痢は、腸内を掃除する働きがあります。

体にとって有害な物質などが入ってきた場合には、栄養を吸収せず腸内にあるものをすべて排出することで腸内環境を整える働きがあります。この下痢は、腸にあるものすべてを排出するため、善玉菌も悪玉菌も排出します。そのため、下痢などが落ち着いた際には善玉菌を食事やサプリメントによって摂取することが大切です。毎日オリゴ糖を摂取していても、1度下痢を起こせばまた腸内の善玉菌を体内に取り入れ増やす必要があります。

このように、この乳酸菌とオリゴ糖は切っても切れない関係にあり、普段から両方の摂取を心がけることが大切です。

乳酸菌サプリ トップへ戻る